勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

【2015センター試験特集】 センター試験数学Ⅰ・A 各予備校解説・分析・概観まとめ

各予備校の外観などをまとめます。復習頑張ってください!

その他の科目はこちらから

センター世界史センター日本史センター地理

センター現代社会センター倫理センター政治・経済センター倫理、政治・経済

センター国語

センター英語リスニング

センター数学Ⅰ・Aセンター数学Ⅱ・B

センター物理基礎センター化学基礎センター生物基礎センター地学基礎

センター物理センター化学センター生物センター地学

問題概観

1.2次関数 20点
2.[1] 数と式(集合と命題) 25点
[2] 図形と計量
3.データの分析 15点
4.場合の数と確率 20点
5.整数の性質 20点
6.図形の性質 20点
※大問4-6で2問選択

河合塾

データの分析が大問として出題され、思考力が問われる内容が含まれていた。

・難易度:昨年通り(旧課程と比較しても)

・出題分量:第3問のデータの分析が加わったために、全体的に問題文を読む量が増加したが、他の問題は設問数と計算量が減少した。

・出題傾向分析:

数学Iは大問3題が必答で、数学Aは3題のうち2題を選択する。第1問は昨年と同様に不等号における等号の有無に関する設問が出題された。第2問は集合と論証・図形と計量の2分野からの出題となった。第3問のデータの分析は、問題文が長く読解力・思考力が必要である。場合の数・確率では、確率を問う設問が昨年は1つだけに減少し、今年はすべて場合の数に関するものであった。

参考:http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/15/index2.html

城南予備校

・難易度:比較無し

・出題分量:比較無し

・出題傾向分析:

新課程初年度ということで出題量・分野等が注目されたが、「大問が 1 題増え、各大問の内容が軽くなる」という大方の予想通りであった。各大問の難易度は高くはないが、60 分で大問 5 題と分量はやや多く、時間内にすべてを解答するのはやや厳しかったと思われる。
新課程で最も注目されていた数学Ⅰの「データの分析」では、計算よりも“データの読み取り・分析”が主体の思考力を要する問題が出題された。
図形の問題は、今回から数学Ⅰの「図形と計量」と数学Aの「図形の性質」に出題が分かれたため、昨年までと比べ、「三角比」の出題数は減少した。一方で、問題文に図が描かれておらず、受験生自身が図を描かなければならないという最近の傾向は踏襲された。
数学Aの「整数の性質」は、試作問題と同様に不定方程式に関する問題が出題された。
数学Aの「場合の数と確率」では、すべて場合の数の問題で、確率の問題は出題されなかった。
各大問の解答量は減少したものの、全体としては内容・分量が増加したため、昨年までの旧課程と同程度の難易度であると思われる。

参考:http://www.johnan.jp/sokuhou/pdf/15_sugaku1A_2.pdf

駿台・Benesse

出題形式・傾向に変更なし。素早く情報を処理する力が求められた。難易はやや易

・難易度:やや難化

・出題分量:昨年並み

・出題傾向分析:

大問数は6。数学Iの分野の第1問~第3問が必答で、数学Aの分野の第4問~第6問から2問選択。
第2問、第3問は中問形式で出題された。第3問データの分析では箱ひげ図を選ぶ問題が出された。
数学Iの分野が60点分、数学Aの分野が40点分の出題。数と式のうち集合と命題のみ出題された。

参考:http://dn.fine.ne.jp/dn/b/002/center/sokuhou/mondai_k/mk_222_1.html

東進

データの分析が独立した大問で出題され、第2問が異なる2つの分野から構成された。

・難易度:比較無し

・出題分量:比較無し

・出題傾向分析:

第1問は2次関数の問題であり、最大・最小、および2次方程式に関する問題で、基本的な計算力を問うている。
第2問は〔1〕が集合と命題の問題であり、対偶と反例を選択させる問題で、定義を正確に理解しているかがポイントである。〔2〕は図形と計量の問題であり、正弦定理、余弦定理を適宜使いわけできるかを問う問題である。
第3問は40人のデータがヒストグラムで与えられている。
第4問は場合の数の問題である。誘導に乗って計算できるかどうかがポイント。
第5問は整数問題。平方数になる条件や、不定方程式の問題が出題された。
第6問は平面図形の問題であり、様々な定理や公式を順序良く利用して解く問題である。
分量が多いものの個々の大問の難易度は高くないので、取り組みやすい問題から手をつけ、迅速で正確な処理ができれば高得点を期待できる。

参考:http://www.toshin.com/center/sugaku-1a_shousai.html

代々木ゼミナール

新課程入試への移行に伴い,数学Aで10年ぶりに選択問題が出題された

・難易度:昨年並み

・出題分量:第3問は配点の割に分量が多めである。また,全体的に考えさせる問題が多く時間がかかる。

・出題傾向分析:

第1問は2次関数,第2問〔1〕は論理,〔2〕は図形と計量,第3問はデータの分析,第4問は場合の数,第5問は整数の性質,第6問は図形の性質から出題された。
第1問は最大値や2次不等式の解が条件として与えられているのが目新しい。
第2問〔1〕では,昨年に引き続き必要条件・十分条件は出題されなかった。
第2問〔2〕は昨年までと異なり,図形と計量の分野から単独で出題された。
第3問は新課程で新しく数学Iにはいったデータの分析からの出題で,設問量が多く,計算も煩雑である。
第4問は昨年までと異なり,確率を求める設問がない。
第5問は新課程で新しく数学Aにはいった整数の性質からの出題である。
第6問は昨年までと異なり,図形の性質の分野から単独で出題された。

参考:http://www.yomiuri.co.jp/nyushi/15/center/2/bunseki/1208160_2074.html


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top