勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

これが結局は近道!英単語を覚えるには、文ごと覚えるべし

cartoon-costume-cuddly-toy-4142-825x550

書くのは非効率?

「英単語」の覚え方は、「何度もノートに書く。」「単語カードを作る。」「語呂合わせで覚える。」など、昔ながらの方法が今も主流ですが、労力の割にあまり効果がないと言われています。

たとえば、新しい英単語をこの方法で覚えても、実際に文章問題にその単語が出てきた時、「ええと、この単語どういう意味だったっけ?」の連続となる場合が多いのです。

他の文や語とのつながりを考えずに、単語だけの日本語訳を覚えることには限界があるのです。




文で覚える

そこで今、成果を上げているのが、「その単語を含んだ良質な単文にして覚えていく。」という方法です。

たとえば、important(重要)とbelieve(信じる)という単語を覚えたいとき、

It is important to belive each other.(お互い信じ合うことは大切です。)という文を何度も書いたり読んだりして、文ごと覚えてしまいます。

こうすると単語同士がつながりを持ち、非常に覚えやすいのです。

ついでに不定詞toの使い方やeach other(お互いに)まで覚えることが出来ます。またこれに似た文章問題が出てもかなり応用が利きます。

こういう単文が収まった単文集を利用すると、楽しく効果的に英単語の学習が出来ます。

ただ、できるだけ教科書準拠のものを選んで下さい。

学校の授業にそったものを選ぶと、接する機会が多いのでよく身に付きます。

逆に教科書と関係ないものを選ぶと、使う機会が少ないので、ムダになってしまう事が多いです。

試してみて下さい。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top