勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

大学受験記述対策(英語)

今回は英語の記述対策です!

・英文和訳
これのポイントは主語述語(SV)をしっかりと捉える。
英文は詰まる所、SVが把握することが肝要です。そこから文章構造を理解していき、最終的に意味の通る日本語を作ることが出来ればOK。意訳になりすぎて、必要な英文が訳し漏れてしまっていないかチェックです。

・和文英訳
一度簡潔な文章に自分なりに作るのがポイント。
和文英訳のポイントは直訳などを意識しすぎて、英文としておかしくなってしまっていないか、ここをチェックします。
まずは日本語の本来の意味を捉え、自分でしっかりと理解出来る形に修正、簡潔に表現できる形に直した上で、英文に直して行く方がより自然な形になる場合が多い。
どちらにせよ、正しい語法・構文、適切な単語の選別、これが出来る事が基本になります。

・自由英作
まず結論、そして根拠。
英文の構成はまず結論をきっちりと述べること。その後に根拠を述べる。日本語のように前置きをダラダラと書いてはいけません。
大前提をしっかりと理解しておきましょう。そして、その後その結論・主張に対して根拠をつけていく、説得力をつけていくために内容の絞り込みをする。
単語の選別、名詞・動詞の単複一致など、ケアレスミスは絶対にしないこと。
そして、スタートしてはまずとにかく書く練習から!
最初はみんなひどい中学生の日記みたいなものしか書けませんから!

無料の受験の相談、講座の相談などは⇒お問い合わせ

さらに、あなたに合った細かな学習方法についての相談は⇒あっとコーチ


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top