勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

国家公務員になるためには?地方公務員に求められる能力とは?

1国家公務員、地方公務員に求められる能力

必要条件

国家公務員になるためには、大学・短大・高等専門学校を卒業見込みである必要があります。

資格取得の際には一次試験は一般教養と専門分野の知識を求められます。

事務官の際には事務官の場合には大学で法学を学ぶ方が多く、予備校に通う方もいます。

官庁訪問という省庁ごとの面接試験があり、省で合格することができない方は国家公務員として働くことは無理です。

合格率は5%以下。有名大学の出身者が非常に多いです。

しかし資格の人気は高く、多くの方が国家公務員になるために真面目に勉強を続けている方が多い資格です。

倍率は年々高くなっています。求められるスキルにおいては十分に確認しておきましょう。

特に税金面での理解の深さが要求されます。

そのため各税率や国家公務員、地方公務員に求められるスキルを身につけた者のみが資格をゲットすることが出来るようになり、仕事をすることが出来ます。

主な勉強法などについて

学力試験は教養試験と専門試験に分けられるので、専門分野においての十分な試験対策が受験者に求められることになる。

教養試験とは常識や物事の正しい、正しくないを分けるための試験になります。

数的推理、判断推理、資料解釈等を出題します。

資料解釈は表やグラフが与えられており、そこから読み取れる数値や事柄をを分析することになります。

速く解くテクニックが要求されるので勉強する際には数的処理として勉強をして行くことをおすすめします。

厚生労働大臣の認定を受ければ、新たに養成校に入る必要がない場合や不足した単位のみ取得すれば資格を入手することが出来る方もいます。

国家公務員になるには幼い頃からの反復練習が必要です。法的にシステムを理解することも重視されます。

地方公務員に求められる能力

地方公務員に求められる資格やそのための能力を十分に確認しておきましょう。

そのために仕事内容を認識しておきましょう。

税金を使い政治家が決める法律等に詳しく税金についての使い道を検討する事が仕事内容になります。

技官として働く場合は専門分野の科学技術の知識が必要になります。

地方公務員として仕事を行う上で必ず必要となる国家資格ですので地方公務員の方は全てこの資格を持っています。

事務官の場合は、大学で法学を学ぶ人がほとんどです。税金の事がメインです。税率も勉強して覚える事が大切です。

国家公務員と地方公務員と分かれます。

1次試験・2次試験があり、1次試験では筆記試験があり2次試験で面接になります。

集団面接・集団討論・プレゼンテーション・適性検査、高卒程度の公務員採用試験は論文(作文)+(集団面接または個人面接)+適性検査を受けることになります。

特に集団討論はディスカッション能力をテストする為のもので、ポイントとしてリーダーシップを図ることが出来るかどうかを見たり、協調性があるかどうかを判断することになり試験の際には大切なポイント基準になります。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top