勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

【高校受験2016】湘南高校<特色検査>講評(ReseMom×湘南ゼミナール)

平成28年度神奈川県公立高校入試の特色検査が実施された。受験、進路などに関する情報を提供するサイト「ReseMom」は、神奈川県内で多数の塾を展開する湘南ゼミナールの協力を得て、2月17日に行われた湘南高等学校の特色検査の講評を速報した。

◆湘南高等学校講評

・問題の概要:知識をもとにした正確な思考力や情報処理力が求められる

文章、図表を読み取る力、計算を含む思考と情報処理を正確に行なう力を問うという傾向は、大きく変わっていない。(ただし昨年度の大問四題の構成から三題の構成になった。)昨年度からの変化は、伝統的に取り入れられてきた技能四科目に特化した出題が見られなかった点や、特に理科・社会の知識を問う問題が多く必要となった点。

問1:日本語の「常識」についての文章が題材。前半では「常識」と「common sense」「common knowledge」の意味の範囲について、文章を手がかりに判断する。後半では英語及び社会の基本的な知識を前提にした記述問題であった。

問2:(ア)(イ)に関しては理社の知識を問う問題、(ウ)は情報処理の作業をイメージする問題、(エ)は空間把握力を問う例年も見られる出題となっている。

問3:(ア)(イ)(カ)は理社の知識を問う基本的な出題だが、(ウ)以降は与えられた文章、設問を手がかりに、計算処理を行なう出題が集まっている。

・設問の特徴:理社を中心とした基礎知識、正確かつ迅速な情報の読み取りと理解と、処理速度が必要

求められている知識はいずれも中学校で学習する基本的な内容が中心で、リード文、図表ともに理解把握が困難なほど難解な表現・単語は少ない。解答形式が選択問題中心であることも加味すると、全体的に高い正答率が予想される。そのため、リード文や資料の誤読、計算などの処理ミス、知識不足などが原因の失点が重ならないように丁寧に解いていくことや、正確かつ迅速に既習の知識を活用し、解答を導くことが必要となる。

・課題と対策:技能四科目まで含めた中学校の学習内容を丁寧に習得していくことが大切

主要五科目の中でも特に理科・社会についての正確な知識を前提とした設問が多いこと、また、技能四科目については今回ややウエイトが減ったが問われることからも、中学校の通常の範囲を丁寧に網羅する学習が望まれる。定期テスト対策の学習などもしっかり行っていきたい。

今後に向けて、必要な情報をすばやく集めるために、先に設問に目を通して問題文を把握する時間を早めることや、時間を区切って問題を解くことなどを、普段から練習していきたい。また、単なる知識の習得にとどまらず、すべての問いに対して自ら思考する力、考えを表現する力も身につけていきたい。

なお、このレポートは2016年2月17日に速報として湘南ゼミナール(執筆:土井泰斗氏)により作成されたものである。

情報源:http://resemom.jp/article/2016/02/17/29723.html

こちらもぜひ活用してください!↓
センター試験特集
http://www.benkyohoho.com/7204

大学受験特集
http://www.benkyohoho.com/7201

高校受験特集
http://www.benkyohoho.com/7206


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top