勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

親が守ることって?大切なのは子供が静かに勉強できる雰囲気作り

6a3e11850f77f193f71b2e9aefeb9ecd_m

中学生活をスタートする上で

中学校時代は子供から成年への架け橋の時期です。

人生の中で最も多感な時期です。

体のバランス、心のバランスそして基礎学力をしっかり身に付ける3年間にしなければならないと考えます。

親にとっても刻々と変わりつつある我が子の成長の速さに驚く時期であります。

親は子供たちにこうしなさいと先に言うのではなく、温かくかつ慎重に見守り、子供がいつでも相談しやすい環境を作ってやることが大切です。

親の過干渉は子供の自発性を奪うばかりでなく、いつまでも親から独り立ちできない子供を作ってしまいます。

逆に、いつまでも子離れできない親が出来てしまいます。




自分で考える子供に

勉強のこと運動のことなどの悩みや疑問を親にぶつけてくる子供に育てたいものです。

親はわが子の特性をしっかり見抜いて適切なアドバイスをしなくてはなりません。

親も真剣勝負です。間違った判断を長期間放置しておくと取り返しのつかないことになります。

親も間違いますが、気がついたら正直に訂正しましょう。

中学生の勉強は小学生時代と違って親の目からも難しくなりますが、親は教えるのではなく子供が落ち着いて勉強できる環境や雰囲気を作ることに力を入れるべきです。

親の職業が教師であっても、質問が来れば応えるべきでこちらから進んで勉強を教えることは勧められません。

中学生になれば勉学を通じて、親から自立することを学ぶべき時期なのです。

一生を支える学力

中学時代の勉強は学力の中核になります。

この3年間は受験勉強ばかりか社会人として生きてゆくうえでの基礎学力になるのです。

この時期を如何に過ごすかどうかによってその中学生の人生はかなり左右されてしまいます。

いい先生に出会う、出会わないの運命もあります。

好きな先生に出会うとその学科が得意科目に変わります。

その先生に気に入ってた貰いたい為に一生懸命に勉強します。

環境のせいにしない

しかし先生が悪いからと、先生の責任にするわけにはいきません。

この3年間は人生の礎になる期間ですから安易には扱えません。

塾に通っていい先生に出会うこともできます。

塾が沢山ありますからお気に入りの先生と出会って主要科目はしっかり頭に叩き込みましょう。

国語の塾は少ないですが、国語力は数学にも英語にも通じます。

国語の中でも大切なのは読む力です。

文章が言いたいことをまとめる力が最も大切です。

まとめ

まとめますと中学の勉強は受験の基礎学力になります。

好きな先生を見つけて得意な科目を持つことです。

そして親は焦って過干渉にならないことです。

親は勉強できる場を確保してやることです。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top