勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

【2015センター試験特集】 センター試験 各予備校合否判定基準まとめ

1786_300x180

センターの合否判定に関しては各予備校で結構差がありますよね?

こっちではAだけど、こっちではB、どっちを信用すればいいのか?とかですね。毎年出る疑問です。

河合塾

A判定 … 合格可能性80%以上
B判定 … 合格可能性65%
C判定 … 合格可能性50%
D判定 … 合格可能性35%

駿台・Benesse

A=合格可能性80%の得点
B=合格可能性60%の得点
C=合格可能性40%の得点
D=合格可能性20%の得点

東進

Aライン 合格可能性 80%以上
Bライン 合格可能性 65%以上
Cライン 合格可能性 50%以上
Dライン 合格可能性 35%以上

基本的にA判定以上は80%以上で共通なので、どこの予備校でもAが出ればほぼ確実でしょう。

ただ、B以下の判定では結構差が出てきます。それと各予備校で判定の厳しさにも差があると言われています。

基本的な考えとしては母集団が大きくなるほどデータの精度が上がる、という事で考えると駿台・Benesse→河合塾→東進の順です。

代ゼミは今年は今の所判定すら出していないようですが・・・

良く言われるのが、代ゼミは判定が甘すぎて、東進は厳しすぎる、という事です。

逆に言えば東進でOKならかなり確率は高いと言えます。

 

一つはっきりと言える事はもし判定がギリギリの場合、そこを何度も何度も計算して考えるより目の前の勉強を頑張って一般・二次に備えるのが一番、という事です!

この時期は本当にこのデータマニアのようになる人が出てきますが、無駄です。

さっくりと調べたら勉強に打ち込みましょう!


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top