勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

小学生の時にしっかりと鍛えておこう!国語を得意にする

はじめに

国語は小学生の勉強の核となる勉強です。

国語が得意な子供は、大体においてほかの強化も良い点を取ります。

国語を得意になって、他の教科の成績アップも狙いたいですね。今回は、国語の勉強のコツをご紹介します。

(1)読解問題を得意になるコツ

テストの大半を占める読解問題、「物語文」と「説明文」。

ここでいい点を取れるようになると、子供にとって大きな自信になります。

一番効果が出る方法は、直球ですが、「文章を読むのが楽しい」と思えるようになることです。

読解問題が苦手な子供の大半は、文章を読みなれていないために、読むスピードが遅かったり、意味や内容を理解するのに時間がかかるのです。

そのため、文章を読むのが嫌いになるのです。

そこで、楽しい文章を読むことで、文章に慣れるのが上達の近道です。

具体的には、人気漫画やアニメのノベライズ本を読むことです。

子供は、登場人物や背景を知っているので、抵抗なく読み進めることができます。

子供と一緒に本屋(あるいは図書館)に行って、子供が読みたがるものを選びましょう。

多少簡単な本でもOKです。その代り、最後まで読み通せるような、楽しい本を選んでください。

どんな内容の本でも、一語一語しっかり読んだならば、読書力は鍛えられます。

一冊読み通すと、文字慣れして、自信も付きます。次第に読むスピードも速くなります。

新しい本を与えて、どんどん読んでもらいましょう。

子供に読書癖が付いたら、作戦は大成功です。

ノベライズ本を卒業したら、「小学校低学年向け」「高学年向け」などと表記されている小説にチャレンジするのもいいですね。

おすすめは「チームひとり」「バッテリー」「精霊の守り人」です。

この様にして、読書を楽しいと感じることができれば、読解問題が次第に得意になるでしょう。

(2)文法問題の上達のコツ

「次のカッコに合う文字を選びなさい」「上と下の文章を意味が通るように線でつなぎなさい」というような文法問題は、考えれば考えるほど分からなくなるものです。

特に子供は経験的に答えを選ぶので、話すのがまだ得意でない低学年ほど、文法問題は苦手です。

このような問題を得意になるための効果的な学習法は、「音読」です。

分からない問題も、声に出してみると、自然と正しい答えが分かるものです。

それは正しい言葉の並び方を音で覚えているからです。

そのため、正しい文章を音読して、自分の声を聞くことで、より一層学習効果が上がります。

簡単な学習方法は、国語の教科書を音読することです。

短くてもOKです。その代わり、必ず人に聞いてもらうようにしましょう。

そうすることで、はっきり、しっかりと読むようになり、効果倍増です。

既に音読が学校からの宿題となっているのでしたら、音読の効果を意識して取り組んでみてください。

成果にだいぶ違いが出ます。語彙や慣用句の問題も、音読によって得意になってゆきます。

地道な努力が必要ですが、着実に力が付くので、頑張りましょう。

3)漢字の書き取りを得意になるには

漢字問題でいい点を取るコツは、①間違った漢字を見直す、それから②その漢字の特徴をわざとらしいくらいはっきりと書くことです。

①について。音読同様に地道な努力が必要ですが、作業自体は大変ではないので、頑張ってみましょう。

具体的には、漢字の小テストや塾の試験で、間違った漢字を書きだして、覚えてゆきます。

一度間違った漢字は二度と間違えない、そんな姿勢で進んでゆくと、次第に間違いは減ってゆきます。

最も効果がある方法は、単語カード(リングでまとめてあるもの)です。

一枚に一語記入して、できるようになるまでしつこく何回も繰り返し書き取らせます。

ゲーム感覚で取り組むと、楽しく進められます。うまく子供を乗せてください。

②は、いわゆる「止め・跳ね・払い」といった細かな点でバツをもらうことの多い子供に効果的です。

まず大事なのは、子供に「テストの漢字は、普通の漢字とは違う」ことを納得してもらう点です。

書き取り問題では、採点者は細かい点をチェックします。

なので、文句の付けどころのないくらい、あからさまに特徴を出した漢字を書くことが大事です。

これも、ゲーム感覚で取り組むことが、結果としては効果を上げるようです。

子供に、「わざとらしいくらいはっきりと書いてごらん」と言ってみましょう。

子供は極端なことをするのが大好きなので、喜んで取り組むと思います。

試験範囲の漢字を一通り書きましょう。特徴を強調して書くので、良く覚えることにもなり、一石二鳥です。

おわりに

子供に国語力をつけさせるには、総じて親の地道なサポートが必要です。

大変ですが、国語は努力が積みあがる教科です。

頑張れば頑張るほど、続ければ続けるほど、力がついてゆき、かつ後戻りしにくいのです。

エネルギーをそそぐ甲斐のある教科です。少しづつの努力でも結果は出ます。頑張ってみましょう!


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top