勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

分かっちゃいるけど中々出来ない・・・子供に勉強の習慣をつけさせる方法1/2

8241746272_5ac5106515_k

なんで家で勉強したがらないんだろう?

子供が家庭でなかなか勉強しない。その原因はなんでしょうか?

勉強習慣を身に着けてもらうためには、まずそれを明らかにする必要があります。

これまでにやった、学校の宿題や家庭学習の教材を見直してみてください。

字が雑だったり、日付や名前が書いていなかったり、答え合わせをしていないようであれば、子供は家で勉強することを面倒だと思っています。

また、間違いを直していなかったり、回答に空欄が目立ったり、全く手を付けていないようであれば、宿題の範囲が理解できていない可能性が高いです。

このような状態を放置してしまうと、どんどん勉強嫌いになってしまいます。

どのように対処すればよいのでしょうか。今回は、家庭学習を面倒くさがっている子供に焦点を合わせて、勉強習慣を持ってもらうための方法をご紹介します。

ねらい

面倒くさいと思っているのは、大変だ、嫌だと感じているのです。

一日学校で勉強して、やっと終わったと思ったのに、また家でやらなければいけない。

なんて憂鬱なのでしょう。

そんなマイナス気分を吹き飛ばし、「勉強なんて簡単」、ついでに「楽しいし得意」という気持ちになってもらうのが、このコラムの目的です。

①何をするか決める

まず、毎日の学習の内容を決めます。

子供に「勉強は大変じゃない」と実感してもらうことが大切です。

そのため、教科は子供が比較的好きな(得意な)ものを選び、なるべく簡単な問題を、10分で終わるぐらいの数だけ用意します。

宿題が出ているようだったら、宿題でもOKです。

学校で習ったばかりの勉強を選ぶと、記憶が残っているので取り組みやすいです。

②とりあえずやってみる

何をするか決まったら、とりあえずすぐその場で、その日の分を始めましょう。

量は少ないので、すぐに終わります。

「なんだ、すぐ終わるじゃん」と思わせることが狙いです。

初めは親が付いて、見てあげる必要があります。

気持ちをそらさず、集中してもらうためです。

競争心でやる気を出すタイプの子でしたら、タイムを計ってもいいです。

難しい問題は後回しにします。とにかく、どんどん進めます。

③スケジュールを決める

どれくらいの勉強量か感覚を掴んでもらったら、次に、いつ勉強するかを決めます。

子供と一緒に、月曜日から金曜日の、家に帰ってからのスケジュールを作ってみましょう。

まず生活習慣(食事、風呂、寝る時間)を書いてから、やるべきこと(塾、習い事など)、やりたいこと(遊びに行く、見たいテレビがある、ゲームなど)を書き込みます。

出来上がったら、そのスケジュールの中のどこに「勉強の10分」を入れるか、子供に決めてもらいましょう。

なるべく早い順番で取り組むようにします。

「たった10分なんだから、すぐ済ませてしまい、その後やりたいことをたっぷりやろう」という気持ちを促しましょう。

できるだけ毎日同じ時間帯、同じ順番になるようにします。習慣づけるためです。

④頑張って続ける

休まずに、平日2週間続けましょう。

親御さんは大変ですが、付き合ってあげてください。

お母さん(お父さん)との楽しい毎日のイベント、子供にそう思ってもらえると、スムーズに進めることができます。

2週間続けると、10分の勉強に抵抗がなくなり、習慣化します。

適当な時期に、一定期間続けられたことを誉めてあげてください。

「続けている、頑張れた」という自信が芽生えてきます。カレンダーに印をつけてゆくのもよいでしょう。

⑤成功体験を得る

2週間毎日「今学校で習っている勉強」をおさらいすると、授業の理解速度が変わってきます。

先生の言っていることが分かるようになるし、宿題への抵抗も減っているはずです。

「分かる」ということは「楽しさ」に直結しています。

子供がその授業を楽しく思い始めたら、「得意だ」と思うまではあっという間です。

そうなったら、この作戦は大成功と言えます。

おわりに

コツは、なるべくハードルを低くすること(簡単な問題を少しだけ)。

一緒にいてあげること。それから、短期間で良いから続けること。

そうすれば、子供の中に「成功体験」という、勉強を楽しむ核ができあがります。

それはまた、見守る親側の自信にもつながります。一日10分、頑張ってみましょう!


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top