勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

追い込みしている人必見!英語のテスト対策はこうしよう

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_m

英語のテスト対策はこうしよう。

英語は簡単だという人と、難しいという人がハッキリと別れる教科です。

難しいと毎回あまり点数が取れない人もポイントを押さえた勉強方法で高得点を目指しましょう。

文法を覚える

英語の文法を覚えることによって飛躍的に点数はアップします。

これは数学にもいえることであり方式を覚えることで点数が上がるように、英語では文法を覚えることによって点数を上げることができます。

文法を覚えるコツとしては、文法を丸暗記するのではなく、文章に基づいて覚えることが大切になってきます。

なぜなら英語の文法は応用が非常に多く、基本にとらわれ過ぎてしまうと応用がきかなくなってしまうからです。

1つの文法を覚えるために最低10個の英文を理解しましょう。

単語を覚える

単語を覚えるときの勉強方法としては単語カードなどがありますが、これはあまりおすすめできません。

単語を覚えるときは単語を3つほどセットに、文章にして覚えるようにしましょう。

文章にして覚えることによってその単語がどのような場面で良く使われるのか応用力が付きます。

例えば日本語の「行く」「場所」「帰る」の単語を覚えるとします。

この場合3つそれぞれ一つずつ覚えるよりもある程度の文章にして覚えます。

「あの場所に行ってから帰る」「あの場所から帰って、違う場所に行く」などある程度文書にした方がどういう場面でその単語が出るのか理解することによって、より理解を深めることができます。

音で覚える

英語で大切なことは音で覚えることが大切です。

書くだけで覚えていると忘れてしまうこともあります。

音で覚えることによってより深く脳に刻むことができます。

勉強する時は書いて理解、声に出して理解、声を聴いて理解するようにしましょう。

テストで分からない単語が出た時の対策方法

テストで分からない部分が出ることが多いかと思います。

その時は前後の英単語で分からない単語を予想してみましょう。

これは日本語に置き換えると理解しやすく、例えば「食事をしたいのでスプーンと○○を取ってほしい」この○○は、前文の食事をしたい、後文の取ってほしいという文章から○○は食器であることが予測できます。

このように分からない単語を挟む前後の文章を理解することである程度の単語の意味を理解することができます。

また、この方法は良く使われており、かなり有効なので是非そういったテストの解き方を行うようにしましょう。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top