勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

お口の事をしっかりと知っておこう!歯科技工士試験について

3 資格

歯科技工士試験

歯科技工士試験とは、名前のとおり、歯科技工士になるための試験です。

歯科技工士の仕事内容は、歯科医師の指示に従います。

義歯や金冠等、充てん物、矯正装置、入れ歯、差し歯などの作成から修理などを行う専門の技術者ですので、学ぶことはたくさんあります。

もちろんそれに伴った参考書も必要になりますので長い期間をかけて学んでいくことになります。

毎日解剖学や口腔解剖学、微生物学、歯科衛生士概論、薬理学、臨床検査学、歯科診療補助などにおいての勉強が求められます。

歯科技工士養成学校を卒業後には、国家試験に合格することで、厚生労働大臣の免許を受けることができ、職務を全うすることが出来ます。

専門的な知識と技術が要求される職業ですので、世間でのニーズは非常に高い仕事です。

高い技術や知識などを身につければ、高収入を得ることも出来ます。




勉強方法

歯科技工士試験の内容は、次の通りです。

学説試験については、歯解剖学を学んでいきますので、解剖学に関しての参考書も必要になります。

基本的には歯科学校に在籍し、学習していくことになりますので、有床義歯技工学の勉強、歯冠修復技工学の勉強方法は長い時間をかけて習得していくためのカテゴリです。

しっかり着実に過去問を解いて反復練習を行うことが最善策です。

過去問も、過去10年くらいのものから選ぶ必要もあります。

難易度の高い試験になりますので、長年の勉強を必要とする資格でもあります。

勉強法として根気強く医療を学んでいくことが大切です。

矯正歯科技工学、小児歯科技工学、顎口腔機能学、 歯科理工学、法規などについて問われます。

実技試験もある

実技試験については、歯科技工実技などについてテストされます。

歯科学校で学んだ勉強を、反復練習することが最もな勉強方法になります。

全部床義歯の人工歯排列と歯肉形成についての出題が出ますので、カービング(歯型彫刻)においてしっかり何度も削ったり、歯に関わる素材を学んでいく必要があります。

勉強の仕方は反復学習がおすすめです。

学んだことを忘れずに、また歯の実技に関してのテクニックも身につけていく必要があり、ケースバイケースで歯の治療を行うことができる技術を身につけていくこと、また歯に関わる病気や対処法などもしっかり試験のテストに出るそうです。十分に自分でテストの過去問題を確認し、出そうな問題を認識することが大切です。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top