勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

良く聞くけど詳しく知らない、理学療法士になるための条件と勉強法

3理学療法士になるための条件と勉強法

資格を取得するためには?

理学療法士は国家試験で、基本的に養成校と呼ばれる学校を卒業する必要があります。

現在養成校として認定されているのは大学、短期大学、4年制専門学校、3年制専門学校、特別支援学校と研究目的などでの大学院での卒業でその試験を受験する資格を得る事が出来ます。

基本的に理学療法士は様々な環境で医療従事者ながら、リハビリテーション専門職という捉え方も出来ます。

理学療法士は運動器リハビリテーション従事者(看護師、准看護師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師等)の知識も必要とします。

リハビリテーションについては専門家として医療現場では理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と言われ、確固たる医療でのポジションを確立することが出来ます。

作業療法士とはどう違う?

理学療法士はより具体的に身体の機能を回復させることに重点を置いています。ですので、実際に歩く、と言ったような体を動かすリハビリなどが主になります。

作業療法士は例えば手工芸や芸術、レクリエーションなどを通じて日常生活が出来るよう、社会復帰を促す仕事になります。

また、将来的に考えた場合、理学療法士の方が作業療法士チームをまとめてリーダーシップを取る事が多いので、自分がどちらを目指しているかも考えたほうがいいでしょう。

大学院で学ぶ事も出来る?

理学療法士の国家試験を受験するためには、養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけることが必要と決められています。

「理学療法士及び作業療法士法」にもとづき、厚生労働大臣が免許を与えます。

独占資格では無いため、理学療法自体は資格を持っていなくても行う事が出来ます。

資格を持っていれば自分で独立開業を行うこともできますが、実際には医師の指導の下に業務に就く事が多いためそのケースは少なくなっています。

また、専門的な知識を身に付ける場合、研究職をめざす場合などは大学院で学ぶ事もあります。

大学院においては修士課程、博士課程の両方が存在しており、どちらにおいても理学療法についての研究などが出来ます。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top