勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

現役高校生が伝授する!効果的な数学の勉強法とは?

受験勉強

数学の受験勉強法

受験勉強で難しい教科といえば数学です。

なぜかというと社会や理科のような覚えることをメインとする教科ではなく、数学はその問題がなぜそうなるのかという理解力が必要となるからです。

入試に出てくる問題は簡単なものから難しいものまで様々な問題が出題されます。

センター試験でも問1、問2などは比較的簡単な問題ですが問3からはある程度の理解力が必要とされます。

ある公式を応用しなければ解けない問題であったり、複雑な計算を用いる問題であったりします。

そのため、公式を覚えることは当たり前ですがそれ以上に問題を深く理解することが大切です。

数学は計算するだけの問題、文章問題など多くの問題があります。

問題演習が重要

計算問題はなるべく多い数の問題をこなすことが効果的です。

しかし、ただするのではなく、問題を早く解きつつ、丁寧にすることを心がけたら良いです。

文章問題ではパターンを覚えるのもひとつの手ですが、やはり問題への理解を深めることの方が大事です。

入試は中学生の全ての数学がテスト範囲ですので非常に勉強する量が多いです。

そして、数学だけの受験勉強だけでなく、他の強化の勉強もしなくてはなりません。

だから、前々からコツコツと勉強しておく必要があります。特に数学は難しい単元が多く出題されます。

例えば関数とか

例えば、関数の問題や証明の問題があります。

関数の受験勉強法としてはなぜこの答えになるかという考えが必要です。

答えが分かっていてもなぜこうなるのかということがわからないと同じ間違いを繰り返してしまいます。

証明の受験勉強法は問題を多く解くことです。だいたい入試に出されるパターンは決まっています。

だから、合同条件を頭の中に叩き込み、証明の文章パターンを覚えるとある程度の問題はできます。

数学の受験勉強において全ての問題に関して心がけなければいけないことは凡ミスをせずに丁寧に問題を解くことです。

凡ミスでの減点はとても痛いです。その点で不合格になってしまうかもしれません。だから、丁寧にすることが1番です。

まとめ

数学の受験勉強は日頃からの努力が大事であり、丁寧に問題を解くことが必要です。

私がしていた勉強法は、毎日2時間程度の勉強で長い時間の勉強はせずに短い時間に集中することです。

短い時間だとある程度の嫌なことには耐えられるし、時間が決まっていると気分的にも楽な気がします。

数学の受験勉強の仕方は人それぞれ違いますが、自分にあった勉強法を見つけることで点数のアップに繋がり、良い結果を招いてくれるかもしれません。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top