勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

国内最大規模の試験?宅地建物取引主任者資格試験とは?

9takken

宅建って?

宅建、正式名称=宅地建物取引主任者資格試験は人気の国家試験です。

日本国内では最大規模の国家資格で、宅地建物取引業者(俗に不動産会社)の取引先に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借などの契約が成立するまでの間に、法的に必要な重要事項などの説明を行う不動産取引のスペシャリストになる資格です。

都道府県知事の登録を受けて、合格してからは宅建取引を行うことができるようになることが魅力です。

法的に宅地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のこと(法第15条第1項)と法的に決められており、資格を有しない人間は原則としてその取引を行う事が出来ません。

また、宅建は不動産取引の資格だけではありません。

宅建を起点として不動産取引に関連するコンサルタントを行うことも可能です。

独立開業も当然可能で、宅建取得すれば、大きな成功をつかむことが可能な資格です。

試験形式など

試験の形式は50問の4肢択一のマークシート形式になります。

解答は、マークシート塗りつぶしではなく、ペーパーに○×△で印をしていく資格になります。

勉強が必要な期間は1年以内になりますが、そこそこの勉強量があります。

また、資格取得のための年齢制限等が無いため、小学生や中学生も受験できる国家資格で外国人でも資格取得を行う事ができます。

宅建必要知識の暗記する勉強方法

十分に集中して勉強すれば短時間で合格も期待することができるので、多くの受験者がいる資格でもあります。

最短で3ヶ月から6ヶ月、1年、勉強することで合格の可能性も高くなっています。

簡単に取れる資格のようですが、資格保持者は当然ならが全員、十分に勉強しています。

資格の勉強には民法や金融に関する知識も含まれます。

宅建の知識を活かして更に上位の不動産資格を目指すことも可能です。

最近では効率的な宅建勉強法、宅建攻略方法もありスクールも豊富です。

やはりい有効な勉強法は過去問を解く事になるので、まず過去問の確認から始めましょう。

一から勉強しよう、という方も多いですが、ある程度の一般知識で解ける部分もあるので、過去問ベースで補っていく事をお勧めします。

十分に反復学習を行うことで、短時間での資格取得も可能です。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top