勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

大学受験記述対策(社会)

社会も論述は特に知識部分の所を正確に書く必要があります!

・出題の意図をくみ取る
これは、どの教科でも共通で記述・論述で一番重要なのは、問題の意図を正確に理解し、そこで求められている論点や条件に従って、忠実な答案を作成すること。問題のリード文などは読み飛ばしがちながらも、重要なエッセンスが込められていたりする。また問題文をしっかりと読むことは当然。

・事前に論旨を組み立てる
答案を書き始める前に、自分の中で書く文章をフローチャートなどで、事前に組み立てること。そして、その後検証する作業を行うとまとまった論理的な答案を作成することが出来ます。

・人名・地名等の知識は完璧に
人名・地名などの基本事項がしっかりと覚えてある事は大前提。正確に記述できるようにしておくことは非常に重要です。英語のスペルと同様です。
大学によっては漢字の誤字は部分点さえもらえず、不正解となる所もあるので、注意したい。
一問一答形式などで、基礎知識は完璧にしておき、その上で記述に臨めるようにてください。

これらをやっていけば、記述の対策はかなり強くなるはずです!
頑張ってください!

無料の受験の相談、講座の相談などは⇒お問い合わせ

さらに、あなたに合った細かな学習方法についての相談は⇒あっとコーチ


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top