勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

リスニングの勉強方法①しっかりと聞くこと

文章をしっかりと読むことを精読、と言います。

これに対してしっかりと聞く、これは「精聴」という事になるでしょうか。

英語は良く、大量に聞く、だとか、流して聞くのが効果的、などと言われる事があります。
これは本当に効果があるのでしょうか?一定の効果はあるかも知れません。

ただ、結果が出てきたのは精聴でした。間違いなく。
これは一つの英語を繰り返し、理解しながら聞く、完璧に聞き取る、という事です。

ぼけーっと英語を流してリスニングが伸びるなら苦労しません。
日本にいて、基本的に耳に入ってくる言語は日本語、そのうえでリスニングを伸ばそうというのだから相当な覚悟が要ります。

ですので、聞く、と決めたら集中して聞く。
訳の分からない英語を延々と流すのではなく、完全に理解できる、精聴出来る英語を短い時間でもいいので聞く。15分でもいいでしょう。
この方が確実に効果が上がります。

意味が分かるもの。実際に内容・文章自体が分かるもの、これを選びましょう。
スクリプトがあるものがいいでしょう。中学英語レベルでもいいのではないでしょうか。
・文字の上での英語と聞こえる英語を一致させる
・本物の発音を耳に入れる
・訳まで覚えていると、翻訳を入れないで理解出来る。

これは流していても絶対にダメです。
本当に理解しようとして聞く事が重要です。

文字の英語と音が一致してくると楽しくなってきます。
英語が実際の言葉として体に入ってきます。

そうなるとリスニングの点数がぐんぐん上がってきます。

無料の受験の相談、講座の相談などは⇒お問い合わせ

さらに、あなたに合った細かな学習方法についての相談は⇒あっとコーチ


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top