勉強方法.com|無料で学べる勉強方法メディア!

英語:単語帳の種類2

長文型の単語集が生まれたきっかけは今から20年ほど前に、TOFELボキャブラリー(仲本浩喜著)と呼ばれる単語帳が出版しました。そのコンセプトは、単語は文中から覚えていく。というもので、現在、韓国版も出版される名著となっています。

この本の対象者は誰かとういうと・・・
TOFEL受験者→つまり英語が出来る人向け。

上記のように、長文(例文)を使いながら覚えていくことは非常に効果的では英語力が乏しい段階では、正直、わかない部分が多すぎていやになってしまいます。
ですので、ある一定レベル(ターゲットなどの単語が全て入っている)をクリアできた生徒が着手すべき、と言えるでしょう。

なので、長文型のコンセプトは英語が出来る人向け
受験生→英語を学習途中
文章が読めない。→分からない単語が多い。構文が取れない。
という問題が出てきます。


mail-contact-free15
こういうのってなかなか送りにくいけど、、
疑問を解消した君はライバルたちよりも一歩前にいる! 勉強や受験に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!





シェアしていただけると中の人たちが小躍りして喜びます!
また運営のモチベーションにもなりますので、是非ご協力お願いします!
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする


  • Pick up!
  • カテゴリ
  • タグクラウド

Return Top